お電話にてお問い合わせ

06-6241-1184

(受付 11:30~18:30)

神田商会オンラインストアサポートはこちら

BLOGブログ

2019.12.23 | Column of acoustic guitar

Traveler Guitar Mini Acoustic Guitar CS-10 新発売!販売価格は19800円!!

どこにでも!

何時でも、ギターと一緒にお出かけしたい方!必見です!

 

高品質で「生鳴り」を

じっかりと感じられる旅行用ギター!

 

しかもカッタウェイも入って

デザイン的にも、カッコいい!

 

えっ!ボディーバックのデザインは3D!?^^

これは大注目の販売価格「19800円」ですよ~!

 

こんにちは。神田商会オンラインストアsakura_uku です。

 

 

ミニギターって、いつも

そばに置いておきたい手軽なギターが欲しいけど・・・

実際に、試してみると「おもちゃ」ぽくて

気に入らないものばかり・・・

 

そんなお声をよく聞きます。

 

実は、我々も

自分たちが弾いていて楽しい「旅行用」「ミニギター」を

ずっと探しておりました!

 

その名も、まさに「トラベラーギター」という会社があります。

 

1992年にアメリカのミュージシャンが創業した、

まさに、「モバイル・ミュージシャン」するための楽器を専門に

開拓してきたメーカーなんです。

 

世界中、30カ国以上で

愛用されている「トラベラーギター社」が

満を持して、「生鳴り」のする「ミニギター」に取り組んだのが

ご紹介する「キャンパー CS-10」です!!

 

 

 

↑まずは、動画で「音」を確認してみてください!!

 

そして、ユニークで

個性的なボディー形状と、アイデアを

一つずつ、一緒に確認していきましょう!!!

 

 

 

これが、CS-10のデザインです!
下は、一般的なギターケースと比べた写真です。

見てのとおり、かなり小ぶりなんですが

実際の写真をみてもらうと、大きさを感じさせないギターに
なっていると思います!

 

 

実際に並べてみると、こんな感じ。
かなり、大きさは違いますよね・・・・。

でも、持ってみると、しっかり

ちゃんと「ギター」しているんです。

 

 

今度は、CS-10と、通常サイズのギターの音を

実際に比較してみましょう!!

どうでしょう??
もちろんミニギターですから

通常サイズのギターに、劣る部分はありますが

しっかり、楽しめるギターになっているのでは!??と思います。

 

今までにない「本格的な音色で演奏できる」ミニギター!と

我々、スタッフも盛り上がっております♪

(このページの後半にはプロギターリストの実際の音色もご紹介します)

 

では、少し掘り下げつつ

もっと!この「CS-10」の音の秘密と魅力について探っていきましょう♪

 

 

 

実は、アコースティックギターで製作する際に

手間と、コストがかかるのは「カッタウェイ」なんです。

 

もちろん、曲げる手間と、急激に曲げる時に割れるリスク

加工も複雑になります。

 

でも、デザイン的にカッコイイですし

ハイポジションが使えますし、低音をバランス良く引き締める効果もあります^^。

 

「CS-10」は、ちゃんと「カッタウェイ」が入った

高級仕様のミニギターになっていますね。

(ミニギターで、カッタウェイ入りは実は少ないのです。ぜひお調べください)

 

 

アコースティックギターにとって

最も、大切なのは「トップ板=表板」です。

 

弦の振動を、音に変えるために

良い音を出すためには、こだわらないといけない部分です。

 

CS-10では、ここにスプルースの単板(無垢材)

しかも、産地までこだわった「イングルマン(エンゲルマン)・スプルース」を

採用しています。

 

一般的には楽器用材として

「スプルース」と書かれますと「シトカスプルース」であることが

ほとんどです。

 

CS-10に採用された「イングルマン(エンゲルマン)・スプルース」は

「シトカスプルース」に比べますと、しなやかで柔らかく、

そして、白く美しいスプルースです。

 

ミニギターですので、表板の振動面積が

「小さい」ですから、柔らかい「イングルマン(エンゲルマン)・スプルース」を

音のために、あえて、指定して採用しているんですね。

 

もちろん、「イングルマン(エンゲルマン)・スプルース」は

ちょっと、お高い材料なんですよ。これは、良心的ですね。

 

(ミニギターで「イングルマン(エンゲルマン)・スプルース単板」を

採用しているメーカーを私は他に知りません・・・ぜひチェックしてみてください^^)

 

 

サウンドホール周りのロゼッタも

ウッド調で、上品にデザインされていますね。

 

ブリッジも、曲線がきれいな

個性的なデザインです。

 

弦長が短い分、違和感のないように

補正サドルが採用されています。

イングルマン(エンゲルマン)・スプルースの美白な木肌が綺麗です。

(製品に木目の個体差はございます・・・ご了承お願いします。もちろん、塗装されていますよ)

一般的にイングルマン(エンゲルマン)・スプルースは

シトカスプルースに比べると、色焼けしにくい材だと

言われています。

 

 

CS-10の後ろ姿です^^

飴色な感じのウッディーな雰囲気ですね。

ネックは「ナトー」(マホガニーに似た材で、より一般的に少し堅いと言われています)を

採用しています。

CS-10を見ていただいた方が

一番、ビックリされるのが、実はこのバックのデザインです!

 

ラウンドバック・・・オベーションのような

強力なアーチが、「ウッド製」で実現されています。

 

ボディーバックは、音を跳ね返して

音を前に飛ばす役割を持っていますから、

サウンドホール付近に、集中してパワーを集めるために

この強力なアーチをかけたボディーバックを採用しています。

 

 

CS-10 のミニギターなのに

ふくよかで、大きな鳴りの秘密は、このボディーバックの

木製ラウンドバック構造にあると言えます。

 

この綺麗かつ、大胆なボディーバック構造を

「オクメ」という中音域の甘い材料と

「レースウッド」(スズカケノキ)という立ち上がりの速い固い材を

合わせた材を使用し、曲げて製作されています。

 

このアーチ角度の強い、ラウンドバック構造を実現しようと思うと

単板では、おそらく割れてしまいますので

あえて、研究したうえで、「オクメ&レースウッド」の合板材に

行きついたのだと思います。

 

 

ヘッドデザインは、コンパクトで

ちょっと勢いのある

トラベラーギターオリジナルデザインです。

 

 

楽しく演奏するには、

チューニングの精度も大切です。

14:1のロートマチックタイプのペグを採用しています。

 

 

指板材は、堅牢なブラックウッドを採用。

トラベラーギターロゴが、12フレットにインレイされています。

 

世界中で、発売されるや

大好評のトラベラーギター「CS-10」!

 

Camper CS-10 (Spruce Top)

 

アメリカのトラベラーギターのホームページには

様々なミュージシャンからのレビューが熱く寄せられております。

 

そして、価格をチェックいただきたいのですが

アメリカのプライスが、199.99ドル。

 

神田商会オンラインストアの販売価格が、19800円。
しかも送料無料です!ギグバッグも付いちゃいます!

 

これは、ぜひ

たくさんの日本の皆さんに、

素晴らしい「CS-10」を手にしてもらいたい

当店からの想いでもあります。

 

どこでも楽しめるコンパクトで本格的なミニギター

「CS-10」

ぜひとも、貴方と一緒に

連れ回してくださいね。

 

・ジャズギターリストの中村たかしさんが、
気に入って、CS-10を、実際に演奏してくれました。

本当にコンサートでも使われるそうです^^

 

 

Traveler Guitar CS 10 Takashi Nakamura (Misty)

 

Traveler Guitar CS10 T.T.cafe (Recado Bossa Nova )

 

中村たかしさんと、かねだたつこさんの

デュオ「TT-CAFE」が、これまたボサノヴァを演奏してくれました。
ハイポジションの音抜けが、これまた必聴・要チェックです!

↑ぜひ、ご注文をお待ちしています!!

★追加で、ご質問いただきました!

もし、女性がCS-10を抱えた場合、どんな雰囲気になりますか??

いかがでしょうか??
ちょうど抱えやすいサイズで、プレゼントとかにも良いかも?

ちょうど、ZEMAITISのギターと並べてみた画像を
前にもご紹介したのですが・・・
もう少し、細部も・・・特に弾きやすい部分を中心に・・・といただいたので

ブリッジ部分と

ナット部分を比較してみました!

CS-10は、ボディーは小さいですが

実際の演奏に関わる部分は、ほぼノーマルのギターと
違和感がないのが、解っていただけるかと思います!

引き続き、ぜひご質問もお待ちしています~!

  • facebook
  • twitter
  • instagram